検į´ĸ
  • ã‚ĸネãƒŧロ

đŸŽ‚ãƒŸãƒ‹ã‚ąãƒŧキパãƒŧテã‚Ŗãƒŧ🍰

「うわãƒŧおいしそうīŧã€

そぎ鎎やかãĒ光景ãĢã‚ŗミックをčĒ­ã‚“でいたãƒĻã‚Ļã‚ŋ君も思わず手をæ­ĸめぞした

鎎やかãĒč‰˛åˆã„ãŽã„ãŸã ã„ãŸã‚ąãƒŧキãĢãŋんãĒãŽéĄ”ãŒæ˜Žã‚‹ããĒりぞした。

「åĨŊきãĒもぎを選んでいいよ。」

「おれãĢしようかãĒ。」

「į§ã¯ã“ã‚ŒãĢしようかãĒ」

ãŋんãĒį›Žį§ģりしãĻčŋˇãŖãĻいぞす。

 おれもおいしそうãĒãƒŸãƒ‹ã‚ąãƒŧキです。

「たずãĻもいいですよ。」ぎåŖ°ãŒã‹ã‹ã‚‹ãŽã‚’åž…ãĄãã‚ŒãĒい様子です。

「いただきぞãƒŧす。」

「おいしい。į”˜ã„ね」

ãŋんãĒãĢこãĢã“éĄ”ã§ã€įžŽå‘ŗしそうãĢペロãƒĒとéŖŸãšãžã—た。


閲čĻ§æ•°īŧš33回0äģļぎã‚ŗãƒĄãƒŗト

æœ€æ–°č¨˜äē‹

すずãĻ襨į¤ē